2020/03/12 07:20

サンディエゴエリアには数え切れない程のお洒落でこだわりのあるコーヒー屋さんが営業しています。その中でもCBDオイルをADD ON(オプション)で入れてくれるお店が多数あるので紹介致します。


CBDコーヒーについて


コーヒーは世界で最もポピュラーな飲み物と言っても過言じゃない。カフェインは脳と筋肉の活性化や血圧/血糖値を下げたり、脂肪燃焼するとか、コーヒーのアロマがストレスを和らげるとか、沢山メリットがあります。ただ、コーヒーはデメリットも実は結構あります。


胃酸過多になるので、胃炎や下痢を引き起こす可能性があったり、頭痛を引き起こしたり、不眠症気味の方はより眠れなくなったり、不安やパニックを引き起こしたり、息切れ気味になったりもします。


CBDオイルを入れるとカフェインが引き起こすデメリットを抑えてコーヒーのメリットだけを楽しむことが出来る。さらに、CBDのメリットであるリラックス作用、身体の痛みを抑えたり、肌の炎症を抑えたり、身体とメンタルのバランスを整えてくれます。


まずは、サンディエゴのダウンタウンエリアにあるLA MARQUE(ラマーク)です。このお店は朝からお酒も飲めます。サンドウィッチやマフィンなど食べ物も色々とあり、落ち着いた良い雰囲気のお店です。どの飲み物にもCBDを追加で足してくれます。




プラス CBDというブランドのCBDオイルを使用して、販売も行っています。5mg $2.5015mg $5.00なのでとても良心的に感じました。朝の一杯に15mg摂ればかなり朝から調子良く頭も心も活動できると思います。






アメリカーノのM$2.75だったのでCBD5mg入れてもらって、合計$5.25のたっぷりCBDコーヒー。また行きたい、いいお店でした。



LA MARQUE INTERNATIONAL
3590 5th Ave
San Diego, CA 92103



続いて、カールズバッドにあるカフェ、BABA COFFEE(ババ・コーヒー)。
ここはカールズバッドの中心街にあり、1日中賑わってるオーガニックコーヒー&フードのお店です。






自家焙煎もお店の奥で行う本格派カフェ。CBDオイルは有りませんでしたが、ヘンプミルクを通常のミルクの代わりに入れてくれます。アーモンド、ソイ、ココナッツはあってもヘンプミルクは珍しいです。ババ以外ではヘンプミルクを出すお店は知りません。動物性より完全に植物性をプッシュしてるカフェです。






ヘンプミルク入りのラテを注文しました、ソイミルクに似た味でしたが、苦く無く飲みやすかったです。ヘンプミルクは主にヘンプシードから搾り取ったジュースというかミルクです。なので、カルシウム、プロテイン、オメガ3オメガ6がたっぷり入ってます。HEMP MILK LATTE $5.40、おすすめ!



BABA COFFEE
2727 State St
Carlsbad, CA 92008



最後にコーヒー屋さんでは無く、ジュース屋さんをご紹介します。学生街、サンマルコスにあるCUPPA JUICE。
ここはCBDを推しまくってました。学生の街なのか、ストレス抱えた学生や運動してる女性など滞在中はお客さんは絶えませんでした。





従業員も全員学生さん。CBDについて意地悪じゃ無いですが、どれだけ知識あるのか?効能など聞いてみました。
CBDはオーガニックな痛み止めとかオーガニックなストレス緩和剤だと答えが返ってきました。その通り、知ってて良かったです。売ってる物が何か知らないお店も多いと思うので。注文したのは、BLUE HAWAIIAN BOWLとSTRAWBERRY SUNRISE。ブルーベリーとココナッツとアサイが入ったボウルにCBDを20mg $6.50、入れてもらいました。




CUPPA JUICEはオプション設定がCBD 10mg $5、20mg $6.50でした。
*NUMUN10%を使うと、CBD1500mg入りなので、1500mg10mg =150回分 ✖️500円として考えて、1瓶が75,000円になる計算です。*
商売ネタでした。





ジュースもボウルも美味しかったです!お店では使用しているCBDオイルやCBDティー、CBDチョコなども販売してました。



300 S Twin Oaks Valley Rd Ste 101

San Marcos, CA 92078



カリフォルニアCBDコーヒー事情 Part2 :

https://www.numunnaturals.com/blog/2020/06/03/055500