NUMUN NATURALS

  • shopping cart

BLOG

2023/05/29 20:16


女性はなぜ頭痛になりやすい?CBDコーヒーは低気圧頭痛に効く?


今年も雨の季節になりました、梅雨入りした地域もあります。例年よりとても早い梅雨入りですね。この時期になると頭痛に悩まされてる方が多くなります。男性と比較して、女性は低気圧で体調を崩す印象を持つ方も多いはず。その印象は統計的にも認められています。女性は月経などで、男性よりホルモンバランスの変化が多いため、自律神経もたくさん働いています。急激な気圧の変化が重なることで、従来以上に自律神経の動きが活発になった結果、体調不良が起こりやすくなります。一般的に、女性は男性の約4倍もの人が頭痛の症状に悩まされていることも知っておきたい事実です。


低気圧による頭痛を和らげる方法:

NUMUNのおすすめする、頭痛のときに有効な3つの方法;

  • 頭痛がきそうと思ったらCBDオイル
  • 身体を温める、もしくは冷やす
  • コーヒーなどでカフェインを摂取


◆頭痛がきそうと思ったらCBDオイル

鎮痛薬などは頭痛が来てからでは効果がない場合が多いです。起床時に「今日は頭が痛くなりそう」などと感じることも多いと思いますが、現在では天気予報アプリなどでも気圧の変化を教えてくれます。こうした気圧の情報をチェックして、CBDオイルを摂取して頭痛に備えましょう。


◆身体を温める、もしくは冷やす

「片頭痛」の場合には冷やした方が良く、「緊張性頭痛」の場合には温める方が良いとされています。
自分の頭痛のタイプが分からないときには、専門家に訊ねてみるのもいいかもしれません。



◆コーヒーなどでカフェインを摂取

低気圧頭痛にCBDコーヒーがおすすめです。

では、なぜコーヒーは頭痛に効果的と言われているのか?


●カフェインの作用: コーヒーに含まれる主要な成分であるカフェインは、中枢神経系に作用して覚醒効果をもたらします。低気圧頭痛は、気圧の変化によって血管が拡張し、神経の刺激や炎症反応が引き起こされることで起こります。カフェインは血管を収縮させ、神経の興奮を抑制する可能性があります。このため、カフェインが低気圧頭痛の症状を緩和する効果があると考えられています。


●脳血流の調節: カフェインは脳血流を調節する作用も持っています。低気圧頭痛では、気圧の変化によって脳血流が変動し、頭痛を引き起こすことがあります。


●カフェイン+CBDの鎮痛作用: カフェインは神経系に作用し、痛みの感じ方を変える可能性があります。頭痛の原因となる炎症や血管の拡張を抑制するだけでなく、カフェインは痛みの伝達をブロックする作用を持つことが報告されています。したがって、カフェインが低気圧頭痛の痛みを軽減する効果があると考えられます。CBDも痛みを緩和する可能性があります。低気圧頭痛による頭痛や不快感を和らげる効果が期待されます。


●炎症の緩和: 低気圧頭痛は、気圧の変化によって起こる炎症反応に関連している可能性があります。CBDの摂取によって、炎症反応を抑制し、頭痛の軽減に役立つ可能性があります。


●ストレスの軽減低気圧や頭痛による不快感は、ストレスを引き起こすことがあります。CBDの摂取によってリラックス効果が期待され、頭痛に対するストレスや不快感を軽減することができるかもしれません。


辛いこの時期をスッキリして乗り越えましょう〜 梅雨はもう怖くない。

Recent Posts