無料カウンセリング 🌿 米メジャーリーグがCBDメーカーからのスポンサーシップを受け入れる事になりました。 | NUMUN NATURALS ニュームーン・ナチュラルズ

2022/06/30 09:36

米メジャーリーグがCBDメーカーからのスポンサーシップを受け入れる事になりました。


米MLBは、米プロスポーツ界における大麻の受け入れの分岐点となる、CBDスポンサーシップの受け入れをチームに許可することになりました。


MLBコミッショナーのロブ・マンフレッド氏は今週、ヘンプ由来のCBDメーカーが2023年からチームのスポンサーになれると各チームに通達しました。今回の発表により、MLBはCBDを取り入れる最も著名なプロスポーツリーグとなリました。


2023年シーズンから、MLBジャージにはジャージパッチスポンサーが付き、CBD企業はそのパッチに対して取引をすることができるようになる。NBAはすでにジャージパッチスポンサーシップを採用しており、NHLもMLBに続いて2022-23年に追加される予定。その他では現在、総合格闘技のサーキットであるUFCは、CBDのエンドースメントを許可する最も有名なスポーツ団体です。


プロゴルファーのリッキー・ファウラー、元NFLタイトエンドのロブ・グロンコウスキー、ゴールデンステート・ウォリアーズのスター選手クレイ・トンプソン、サッカー女子代表のミーガン・ラピノーなど、すでに多くのプロスポーツ選手がCBD製品を使用し、提唱しています。


MLBの最高収益責任者であるノア・ガーデン氏はスポーツ・ビジネス・ジャーナルに、「我々はしばらくこのカテゴリー(CBD)を観察し、我々が納得できる程度に成熟するのを待っていた」と語った。「我々とクラブにとって良い機会だ」と語りました。


MLBのスポンサーシップの発表は、ユニフォームやテレビコマーシャルにブランドワッペンをつけることへの扉を開くものである。


Healthlineによると、アスリートがCBDを使用する大きな理由は、痛みを和らげるのに役立つからだそうです。また、一部の精神疾患にも効果があり、睡眠を改善することもできる。


2019年12月、MLBは「乱用薬物リスト」から大麻を削除したので、リーグがCBDのスポンサーシップを許可するのは当然だ。


https://bleacherreport.com/articles/10039559-mlb-approves-cbd-sponsorship-contracts-for-team-jersey-patches-more