2021/10/27 01:30

“ウィズコロナ時代の生き方、これからの時代になぜCBDは不可欠なのか?” 心身共に元気に生きていく為に必ず意識するべきポイントを紹介してくれています。


動画のリンクはプロフィールからどうぞ。

Part 1 https://youtu.be/u3ebnAnSI5Y

Part 2 https://youtu.be/Zw8wEe1VtJg

Part 3 https://youtu.be/12mxugQxPko

シモン先生(ジュジュべ・クリニック院長、東洋医学博士) インタビューです。

ぜひ観てください〜!約10年前、ハワイで私にCBDを紹介してくれた先生です。

ビデオの内容は:

●簡単にJUJUBEのコンセプト紹介

●”腸内フローラデトックス”と”末梢血管空間皮膚デトックス”について

●アレルギー、生活習慣病は治せる

●シモン先生とCBDとの出会い、ニューノーマル時代になぜCBDは不可欠なのか?

●ウィズコロナ時代を健康で過ごす為には何を心掛るべきか?

など....

シモン先生:東洋医学博士、ジュジュベハワイクリニック院長、ハワイ医学創立者

IG: @jujubehawaii

IG: @manoavalleyinn

シモン先生について;

東洋医学を基本におき、西洋医学、インド哲学のアーユルヴェーダ医学、頭蓋調整オステオパシー医学を統合させたホリスティック東洋医学の全体論で人間を見るメソッドを開発。ハワイ州からDAOM(東洋医学博士)を認定される。現代医学だけでは治り難いと言われる病状を効果的に治療している。多くのプロスポーツ選手の治療と健康管理も行っている。

CBDはどのように作用するのか(効果・効能)

CBDは薬ではないので効能というものはありません。しかし体が生命を維持するためのホメオスタシス(恒常性)を調整するためにある体に本来備わっているエンドカンナビノイド・システムの働きを良くします。

CBDの継続的な使用で自律神経系や内分泌系をはじめとする体の中枢機能が正常化することがわかってきています。内臓機能全域にも良く、病名に関わらず病気が正されるという事が研究されています。また、痛みは軽減し、健康維持にも役立ちます。

自律神経や内分泌系が整えば、ほとんどの病気の根本に作用することと、腸の具合が良くなれば体は良い血液を作り、またその血液が良い細胞を作るので、つまり病気の「基」が正され、万病が改善されやすくなると理解します。また、自律神経が安定して、血流が改善されることは炎症が軽くなり痛みの緩和につながるのです。

 

なぜCBDが必要なのか?

CBDは、慢性疾患がある人、痛みを持っている人、またストレスを軽減させたい人や、病気の予防などにも使え、男女ご年配など様々な人にお勧めしています。もちろん健康な方でも使用でき、多くの場合リラックス効果や眠りの改善、ストレスの軽減なども報告されています。