2020/08/11 03:25



コロナ時代の新しい常識;免疫力 = 腸活 (腸内環境 + CBD)


新型コロナウイルス感染から身体を守る手段として「手洗い」、「消毒」、「マスク着用」、「ソーシャルディスタンス」などの対策が効果的であると言われていますが、「免疫力を高めてウィルスに負けない身体を維持する」という事もとても重要です。


免疫力を高めてウィルスに負けない身体を作るには「腸内環境」が鍵を握っているんです。食べた物を消化吸収する腸には、「全身の免疫を司る」というとても重要な役割があるんです。


腸内細菌が、腸に集結する免疫細胞とコミュニケーションを取り、私達をさまざまな病気から守る「免疫力」をコントロールしています。身体中の免疫細胞のおよそ「70%」が栄養や水分を吸収する腸の壁のすぐ内側に密集して、外敵の侵入に備えているのです。腸を健全に維持できれば、ウィルスの脅威から身を守り、毎日の生活をストレスフリーに送る事が出来ます。



腸内環境を整えて、腸内細菌を「善玉菌」優位にする食べ物を紹介いたします。


●食物繊維をとる


食物繊維には、悪玉菌と腸内の有害物質を減らす働きがあります。

また、腸内で分解されると善玉菌のエサとなります。日本人は食物繊維の摂取が足りないと言われていますので、積極的に摂る必要があります。


穀類、豆類、ゴボウ、とうもろこし、さつま芋、ニンニク、ブロッコリー、わかめ、果物など


●プロバイオティックスをとる


プロバイオティクス」とは、腸で良い働きをしてくれる細菌や酵母のことです。いわゆる発酵食品です。具体的には、ヨーグルトやチーズ、甘酒、乳酸菌飲料、漬け物、味噌汁、キムチ、納豆などです。これらは意識して摂りましょう。


●オメガ3脂肪の摂取


オメガ3脂肪と言えば注目されているのがMCTオイルですが、MCTオイルは摂取後すぐに元気になって眠くならず、食欲をそそらないので過食を防ぐことにもつながります。脂質はメタボの原因といわれていますが、油によってはメタボ予防に役立ちます。「中鎖脂肪酸」を含む食品に注目してみましょう。NUMUNのCBDオイルには上質のMCTオイルが使用されています。MCTオイルは「善玉菌」の邪魔をすることが少なく、「悪玉菌」を主に減らせると言われています。



逆に腸内環境を守るため、避けたい食べ物は?


●揚げ物など脂っこい食事、甘い物、スナック菓子などは出来るだけ避けましょう。


●塩分の取りすぎにも注意してください。


●アルコールの大量摂取をしない。


●いつでも暴飲暴食はしないように。


上記全て、悪玉菌を増やし、腸内環境を悪化させますので、気を付けましょう。




腸内環境を整え、良い状態にキープする。これこそが、健康、長生きと美の要といっても過言ではないでしょう。 新しい時代に入った今、「腸」を意識して生活することを始めてみてください。 “腸活”をお手軽に始めるには、MCTオイルを使用したNUMUNのCBDオイルを腸活サプリメントとして加えてみてください。


我々の身体にはエンドカンナビノイド・システム (ECS)という身体調整機能があり、カンナビノイド受容体は腸に多数存在します。消化運動、吐き気、腸の炎症、腸内細菌との相互作用などの調整にECSが関与しています。CBDを補給することは、ECSの働きをサポートし、腸の健康、そして免疫力向上に役立つと考えられます。



参考サイト;

http://www.phyton-air.com/phytoncide/intestinal_flora_phyton.html

https://koei-science.com/gutstory/secret-of-gut-health/

https://athleterecipe.com/column/6/articles/201712270000333

https://www.ohara-ch.co.jp/meitantei/vol03_6.html