2020/03/06 09:28


今年も花粉症の季節がやってきました。
自分は重度の花粉症なので、この季節が毎年恐怖でした。

CBDは花粉症に効果がある?
今年こそは体質を改善して花粉症から解放されたい!と、思ってる方も多いでしょう。
しかしCBDオイルは薬ではないので、花粉症は治りません。
CBDには、副鼻腔の炎症レベルを低下させアレルギー症状を和らげる効果と、そもそも症状を起こさない体質改善に有効だと示された文献が多く出ています。

花粉症の原因は何?
花粉症は、血液および組織の中の非常に高いレベルのヒスタミンによって引き起こされます。
ヒスタミンのレベルは、アレルゲンとして機能する花粉粒に対する過敏反応により増加します。
ヒスタミンは体の正常な成分であり、有用な機能を持ちますが、花粉に対しアレルギー反応が起きてる間、ヒスタミンはマスト細胞(肥満細胞)から放出され、花粉症の典型的な症状を引き起こします。

CBDでこれらの症状緩和が可能なのか?
CBDがアレルギー症状の緩和に有効かについて、いくつか有望な研究結果がありますが、まだ人間を使った臨床試験は存在しません。 
CBDを使用して花粉症の症状を緩和することに成功したという報告も多数ありますが、すべて個人の見解であり科学的な報告ではありません。
気道の抗原誘発性収縮に対するカンナビジオール(CBD)の効果に関する2013年の研究結果では、CBDが抗原誘発性気道平滑筋緊張に影響を与え、この分子が閉塞性気道障害の治療に有益な効果をもたらす可能性があることを示唆しています。
興味深いことに2005年の研究では、カンナビノイドがマスト細胞の機能に顕著な規制効果を明確に発揮していることを認めています。
さらに、CB1カンナビノイド受容体がTHCにさらされると、進行中のマスト細胞活性化の反応を抑制する傾向があると述べています

少し難しい話になりましたが、
花粉症や他のアレルギー症状にお悩みの方は、石油由来の副作用を伴うの薬の代わりに、オーガニックで副作用のないCBDオイルを試してみる価値は大いにあります。
また症状の重い方は、薬を使用しつつCBDを摂取することで、副作用の緩和にも役に立ちます。
CBDは身体の内的バランス整え全身にリラックス効果を与えます。
アレルギー症状は自律神経である副交感神経が優位になっているときに最も起こりやすく、対して、CBDは自律神経のバランスを整える効果があると言われています。
症状が出た時に摂取するのではなく、継続して摂取することがポイントです。


CBDオイルを毎日摂って、体質改善をしましょう。
免疫力を高めて、アレルゲンに過剰反応しない身体作りを目指しましょう。
試す価値はあります!